自動継続ができる

一般的な定期預金を利用すれば、高い金利で運用することができますから、

普通預金よりも有利に利用する事ができるというメリットがあります。しか

しながら、契約している期間よりも早く解約をすると不利になりますから、

あまりあがめに設定するべきではありません。例えば、10年定期で設定して、

そして10年経つ前に資金が必要となった場合には、低い金利が適用されること

になりますから不利です。

このような場合には、例えば3年で契約をしておいて、3年後に再び3年定期で

預けるという方法があります。ただ、3年ごとに手続きをしなければならない

ですから、面倒と言えば面倒でしょう。1年定期を使えば、毎年手続きをしな

ければならないのですから、これもかなり面倒な手続きとなります。ネット銀

行などを利用すれば便利ですが、それでも面倒だと感じる人は多いでしょう。

このようなときに便利なのが自動継続の機能です。期間が過ぎれば、再び同じ

期間で預け入れてくれます。金融機関によって色々な違いはありますが、例え

ば1年で設定して、それを繰り返し使うという方法をとれば、資金が必要になる

前に継続せずに普通預金に遷すという方法をとることができるでしょう。

Comments are closed.