納税貯蓄組合預金

納税は国民の義務です。

しかし、誰もが簡単に納めているわけではありません。

でも、無理なく納税できる方法があるとしたら、やってみたいと思いませんか。

納税者が無理なく納める為に納税資金を計画的に貯蓄しておこうという方法です。

計画的な貯蓄等を通じて、1円以上1円単位で預け入れでき、納税を楽になります。

そうするためには、納税貯蓄組合に加入することです。

組合に加入するには組合長に加入届を提出する必要期間があります。

納税貯蓄組合預金は、納税の為の預金ですので、原則として納税以外の払い戻し

はできません。

引き出しの際には、納税告知書や納付書などが必要です。

万が一、納税以外以外の目的で払戻した場合には、払い戻し日より普通預金利率

で利息計算されます。

納税貯蓄組合は、任意に組織された組合ですが、加入することでとても良い

メリットがあります。

納税を行うための資金としての預金の利子は、基本的に通常の普通預金の利子

より高く設定されている上、非課税となります。

組合の業務に必要な書類などには、印紙税が非課税となるだけでなく、事務に必要

な費用を補うための補助金の交付を受ける事ができます。

又、日頃から準備しておくことで、組合員の納税意識を高めることができます。

Comments are closed.