納税準備預金

法人や個人事業を営んでいる人の場合、毎年支払わなければならない税金の額

というものは非常に大きな金額となります。そのため、翌年の納税に合わせて

日頃より納税用の資金をプールしておかなければなりませんが、日常的に事業

に関する資金繰りをしているといつの間にかそのことを忘れてしまいがちです。

そのような税金の支払いに充てる目的のためにその資金を積立てておく専用の

口座のことを納税準備預金といいます。この口座を作っておくことで、納税の

時期に慌てて資金を集める必要はなくなります。

この口座を作っておき、普段事業用に利用している口座と納税用の口座を分け

ておくことで、納税の時期にそれに充てる資金が不足してしまうような事態を

避けることができます。

この専用の口座のメリットは通常の口座よりも高い利率が設定されており、ま

たこの口座に入れられている預金につく利息に関しては非課税であるという点

を挙げることができます。

ただし、この口座からお金を引き出す場合には税務署からの通知などによって

納税目的での引き出しであることを証明しなければなりません。納税の目的以

外での引き出しでは、利息分に対して通常の預金と同様の税金が課税されるた

め注意が必要です。

Comments are closed.