融資の範囲

融資にはそれぞれ借りるための範囲というものがありますが、その範囲にき

ちんと入っているようなタイプの借金で満足できるタイプの人はあまりませ

ん。可能な限り借金の総量というものを増やしたいと考えるのが人として当

然のことであり、そしてそれができるタイプの人は圧倒的に優遇されている

と言えます。ここで大事なのはいかにして企業側から優遇されるかというこ

とであり、それに関わってくるのが信用という言葉です。信用度が高い人は

とてもよく優遇されているのですが、一方で低い人はやはり枠についてもま

たかなり低い状態が維持されています。それをなくすためにはどうすればい

いのかというと、借金をする上での信用を築いていけば良いだけです。例え

ば相手からお金を借りたらそれをきちんと返すという作業ができる人は素晴

らしい逸材であるということで、枠を増やして貰えるようになります。企業

側からすれば優良な顧客がいてくれればそれだけでかなりの利益につながる

わけですから、いかにして企業を儲けさせる存在になるか。それがもっとも

重要な部分であると同時に一番の基本となっているところです。視点を普段

のものから変えてみて企業側から見たときにどうなるのか、ということを考え

て見るようにするといいでしょう。

Comments are closed.